こんにちは!
岐阜市を拠点に愛知県や岐阜県などでリフォームや防水工事を行っている株式会社スペースプランです。

このコラムコーナーでは、弊社の業務に関連するお役立ち情報や豆知識をご紹介しております。

今回ご紹介するのは雨漏りの二次被害についてです。
雨漏りはそれ自体が煩わしい問題ですが、実は雨漏りを確認した時点でその被害は目に見えない建物内部まで深く及んでいることがほとんどです。

今回はその被害にどんなものがあるか見ていきましょう。

こんなにある!雨漏りによる二次被害

シロアリ

雨漏りが生じることによる最初に被害に建材の腐食があります。
腐食した建材は修繕を怠るとシロアリをはじめとした害虫が発生し、ひどいときには柱が一本なくなるほどの被害にまで発展します。

シックハウス症候群

腐敗した建材は害虫を発生させるだけでなく、カビやダニが繁殖することにもつながり、やがて室内の空気の汚染がはじまります。
あまりに汚染がひどいと知らず知らずのうちにシックハウス症候群を発症するリスクも出てきます。

漏電

雨漏りした箇所が運悪く電気設備の配線やブレーカーなどに接触していると、漏電を引き起こすおそれもあります。
この漏電によって火災が引き起こされるなど、雨漏りが命まで脅かすような事態にもなりかねません。

全ては事前の対策から!まずは専門業者にご相談ください

二次被害の怖さをいくつかご紹介しましたが、定期的なメンテナンスを行うなど防水工事を行っていれば、ここまで事態が深刻になることはありません。

暮らしの中で少しでもヒビや傷が気になったら、一度弊社のような専門業者までご相談ください。

未然に被害を防ぐことは、修繕にかかる費用を抑えるだけでなく、住宅やそこに住む方の健康を守ることにもなります。

ぜひお気軽にご連絡ください。


ーーーーーーーーーーーーーー
一宮市の防水工事や住宅リフォーム・外壁塗装なら株式会社スペースプラン
〒 500-8227 岐阜市北一色10町目25−11
TEL:058-214-4771/FAX:0586-72-6635
ーーーーーーーーーーーーーー