こんにちは!岐阜県岐阜市に拠点を構え、一宮市をはじめとした愛知県や岐阜県の各地域で防水に関わる工事や、雨漏りの修理、塗装工事などを行っておりますスペースプランです。
弊社が行っている防水工事は、建物のさまざまな場所が対象となっています。
屋根や屋上、ベランダ、バルコニーなどがその対象です。
防水が必要とされる部分の防水は、基本的に建物が建てられる際に行われます。
しかし防水加工というのは、ずっと効力が続くものではありません。
建物に対して、定期的に防水工事をしなければいけないのです。
今回は、特にバルコニーの防水工事が必要となるサインをご紹介したいと思います。

さまざまな劣化のサイン

防水が劣化している際に現れるサインは、いくつか存在しています。
まず、ひび割れです。
モルタルやコンクリート製のベランダ、バルコニーによくみられる症状で、下地が割れていることはもちろん、防水膜も割れてしまっているので内部に水が入り放題になってしまいます。
次に防水層の上に塗られる、トップコートと呼ばれる塗料が剥がれていることです。
トップコートは防水層を保護するためのものなので、早めに対応したいところです。
防水層の内部に水が浸入し、やけどの後の水ぶくれのようになっているものも、対応が必要です。
小さな隙間から水が浸入していたり、下地から水蒸気が発生していたりと、この状態になる原因はいくつかありますが、いずれにせよ良くない状態だといえます。

劣化を放っておくと何が起きる?

劣化をそのままにしておくと、どうなってしまうのでしょうか。
当然防水の機能が失われ、下地が水にふれることになってしまいます。
下地の材質は、基本的に水の侵食に耐えられるものではありません。
最終的には、雨漏りといった状態になってしまいます。
雨漏りが起こるということは、建物の構造内部に水が浸入しているということなので、徐々に内部が水の侵食を受け、強度が減少してしまいます。
こういったことを防ぐため、防水の維持、管理はきちんとしなければいけないのです。

スペースプランへご相談ください!

弊社では、新規受注を受けつけております。
ベランダ防水工事、雨漏り修理、屋上防水工事など、防水関係の工事には幅広く対応しており、お客様のご要望にきちんと応えることのできる施工を心がけております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーー
一宮市で木造住宅など屋上や外壁の塗装工事・防水工事は(株)スペースプラン
〒 500-8227 岐阜市北一色10町目25−11
TEL:058-214-4771/FAX:0586-72-6635
ーーーーーーーーーーーーーー