業務案内

WORK

一級建築士として設計事務所でキャリアをスタートし、大手ゼネコンで15年の経験を積んだスペシャリストが株式会社スペースプランの取締役を務めています。
数多くの経験と実績を積んだスタッフとともに、防水工事の専門会社として皆様の暮らしをサポートしています。

防水工事

一般住宅からビル・マンションの防水工事に対応する専門会社。
高い技術力と豊富な経験があるからこそ、複雑な雨漏りにも対応できます。
弊社が主に行っているのは、塗膜防水とアスファルト防水です。
塗膜防水は、複雑な形状の箇所でも確実に施工できるメリットがあります。
アスファルト防水は、アスファルトを染みこませるので、防水性能が確保しやすいです。
  • ゴムシート防水
  • 打替シーリング工事(ポリウレタン)
  • 打替シーリング工事(変成シリコン)
  • ゴムシート防水
  • 打替シーリング工事(ポリウレタン)
  • 打替シーリング工事(変成シリコン)

屋上防水

▶︎ 屋上防水(アプローチ屋根)
■ 屋上防水工事の必要性

屋上防水は、雨漏りや漏水防止効果を発揮して、建物の躯体を守る役割を果たしてくれています。
ただし、マンションやビルなどの屋上は、建物の中でも最も風雨や紫外線の影響を受ける箇所です。
その分経年劣化を避けることができないため、上述した効果を維持するためにも定期的なメンテナンスが必要です。

▶︎ 屋上防水(一般住宅)
■ 防水工事の耐用年数

一般的に、防水塗料は10~15年を目安に耐用年数を迎えるとされています。
この年数を迎える前に定期的な塗り替えを行なうことで、理想的な状態を保つことができるでしょう。

▶︎ 屋上防水(工事前)
■ こんな症状は要注意

次のような症状が見られる場合は、耐用年数に関わらず早急に定期点検を受けて施工を検討しましょう。

・雨漏りしている
・浸水被害があった
・屋内の湿度が高い
・屋上の防水シートや塗料が剥がれている
・屋上にコケやカビが生えている

ベランダ防水

▶︎ ベランダ防水(工事前01)
■ ベランダ防水とは

ベランダ防水工事とはその名前の通り、ベランダに対して防水性を高める処理を施す工事のことです。
ベランダは住宅の中でも外部に突出している部分であり、その構造上雨水などに恒常的に晒されることになります。
もともと排水機能などが備えられていますが、目詰まりなどを起こせば一気に排水性が低下し、ベランダが水浸しになってしまうというケースも少なくありません。
さまざまな要因によってベランダが水の浸食を受け、状態を悪化させてしまわないように、ベランダ防水工事は行われています。

▶︎ ベランダ防水(工事前02)
▶︎ 屋上防水(工事前)

さまざまな要因によってベランダが水の浸食を受け、状態を悪化させてしまわないように、ベランダ防水工事は行われています。

雨漏り修理・雨漏り修繕

住宅における雨漏りリスクが高まっていく時期は、建物の部位によって細かく異なります。
新築から10年~15年ほどを目安にメンテナンスが必要とされており、
雨漏りの症状が出る前に専門業者によるチェックを受けることをお勧めします。

屋根からの雨漏り 外壁からの雨漏り 窓サッシからの雨漏り

▶︎  雨漏り修理(ひさし)
■ 屋根からの雨漏り

屋根の雨漏りが起きる原因としては、まず塗装の劣化が挙げられます。
住宅の屋根には塗装によって塗膜が形成されており、その膜によって水分の浸入を防いでいるのが特徴です。
しかし、塗料は太陽光の熱や紫外線に弱く、経年と共に次第に劣化して剥がれ、建物の構造に隙間が生じてしまいます。
そこに雨水などの水分が浸透することで、雨漏りが発生するのです。

▶︎  雨漏り修理(外壁)
■ 外壁からの雨漏り

外壁から水が染み出す原因としては、経年劣化した外壁の塗装部分のひび割れなどが考えられます。
外壁は住宅の屋根と同じく太陽光の熱や紫外線を浴び続けているため、年月とともにその機能が低下していきます。そこに雨水が浸透することで雨漏りが発生します。

▶︎  雨漏り修理(窓サッシ)
■ 窓サッシからの雨漏り

窓サッシが添えつけられている箇所は、周りをコーキング剤と呼ばれるもので隙間を埋めています。コーキング剤は雨や紫外線、温度変化によって劣化が進み、隙間が生まれます。
DIYでコーキング剤を使って隙間を埋めても雨漏りする場合は、その原因が窓サッシ以外にあると考えられます。このようなケースは早急に専門業者にチェックを受けることをお勧めします。

▶︎ 雨漏り修理(天井)

さまざまな雨漏り修理・防水工事の事例

雨漏り修理に伴う塗装

大切な住宅を守っている屋根や外壁は、毎日の紫外線や雨風にさらされ続けています。
ひび割れて雨漏りが起こると家全体の劣化にもつながりかねません。
■ 屋根の防水性を高める防水塗装

毎日紫外線や雨風にさらされながらも家を守っている屋根は、構造的に目に入りにくいため、劣化に気づきにくい場所です。
劣化した屋根を放っておくと、雨漏りなどのトラブルの原因にもなりかねません。
屋根塗装は安心に暮らしていくための大事なメンテナンスとなります。

■ 外壁からの雨漏り

外壁から水が染み出す原因としては、経年劣化した外壁の塗装部分のひび割れなどが考えられます。
外壁は住宅の屋根と同じく太陽光の熱や紫外線を浴び続けているため、年月とともにその機能が低下していきます。そこに雨水が浸透することで雨漏りが発生します。外壁防水は大切な住宅の寿命を伸ばすために大事なメンテナンスとなります。

対応エリア

一般住宅からビル・マンションまで、雨漏りでお困りのお客様のご相談をお受けしています。
一宮市 名古屋市 愛知県尾張エリア 岐阜市 羽島市 岐阜県西濃・東農エリア

そのほかのエリア※要相談

  • 施工の流れ
  • よくある質問