こんにちは!一宮市をはじめとした愛知県や岐阜県の各地域で防水関係の工事や、外壁の塗装工事を行っておりますスペースプランです。
防水工事が必要な場所というと、どのような場所が思いつくでしょうか。
建物の外壁はもちろん、屋根やベランダにも必要となります。
そして何よりも忘れてはいけないのが屋上です。
ベランダ以上に風雨にさらされ、また人が歩くこともある屋上は、場合によってさまざまな防水工事を行う必要があります。
今回は、そのような屋上の防水をする際に行われる工事の種類についてご紹介いたしましょう。

大きく二つに分けられる屋上防水工事

屋上防水工事は、大きく二つに分けられます。
塗膜防水とシート防水です。
名前の通り、液体を使って膜を張るもの、防水性のあるシートを張るものを指しています。
塗膜防水には、ウレタン防水工事、FRP防水工事などがあります。
シート防水に含まれるのは、アスファルト防水や、各種のシート工事です。
塗膜防水とシート防水には、明確な向き不向きが存在しています。
狭い空間や複雑な形状をした面には塗膜防水が、広くて平な面にはシート防水が行われることが多いようです。

それぞれの工事の特徴とは

次に、それぞれの工事の特徴をご紹介したいと思います。
ウレタン防水工事は、ウレタン樹脂を塗って防水を施す工事です。
オーソドックスな工事で、費用、性能などのバランスがとれた工法といえます。
FRP防水工事は、FRPというプラスチック製の繊維を、樹脂で固める工法です。
軽くて非常に強度があるため、デパートの屋上駐車場などにも利用されます。
下地が伸縮してしまうことに弱いため、木材を下地にすることができないのが難点です。
アスファルト防水工事は、アスファルトでできたシートを張りつける工事です。
防水性は高いのですが、とても重いため建物がどれだけの加重に耐えられるかを考えなければいけません。
そしてシート防水工事は、塩化ビニールなどでできたシートを張りつけていく工事です。
シートの寿命までは特にメンテナンスが不要なため、維持がとても楽です。

スペースプランへご相談ください!

弊社では、新規受注の受付を行っております。
ベランダ防水工事や雨漏り修理、屋上防水工事といった住宅における防水関係の工事、外壁の塗装工事などを、丁寧に施工させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください!
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーー
一宮市で木造住宅など屋上や外壁の塗装工事・防水工事は(株)スペースプラン
〒 500-8227 岐阜市北一色10町目25−11
TEL:058-214-4771/FAX:0586-72-6635
ーーーーーーーーーーーーーー